トヨタのクラウンはKINTOと購入(ローン)どっちがお得?費用、月額、納車など徹底比較
※このページにはプロモーションが含まれています

KINTOの新型クラウンの価格は?KINTOの月額費用や納車期間、ローンとの比較など徹底分析

この記事を読むとKINTOの新型クラウンの価格や月額費用、納車期間などが判ります。
またローンで購入した場合と、KINTOのサブスクで購入した場合とでどちらがお得かも解説しています。

もくじ

KINTO 新型クラウンの全グレード別 月額価格表

KINTO公式ページから支払いと期間別で全グレードの見積もりを基に月額の価格を表にしました。

KINTOクラウン
出典:KINTO公式HP

KINTO 新型クラウン 初期費用フリープランの価格一覧

ボーナス払い 165,000円×2回 110,000円×2回 55,000円×2回 なし
期間 7年 5年 3年 7年 5年 3年 7年 5年 3年 7年 5年 3年
CROSSOVER G HEV 2.5L
4WD(5人)
48,070円 52,690円 58,740円 57,200円 61,820円 67,870円 66,440円 71,060円 77,110円 75,570円 80,190円 86,240円
CROSSOVER G"Advanced"
HEV 2.5L 4WD(5人)
53,020円 57,860円 64,240円 62,150円 66,990円 73,370円 71,390円 76,230円 82,610円 80,520円 85,360円 91,740円
CROSSOVER G"Advanced
・Leather Package"
HEV 2.5L 4WD(5人)
60,280円 65,560円 72,710円 69,410円 74,690円 81,840円 78,650円 83,930円 91,080円 87,780円 93,060円 100,210円
CROSSOVER RS"Advanced"
HEV 2.4L+ターボ 4WD(5人)
70,400円 76,340円 84,260円 79,530円 85,470円 93,390円 88,770円 94,710円 102,630円 97,900円 103,840円 111,760円

KINTOの新型クラウンで最も安い価格は月額19,910円/月

最も価格が安いのは、グレードCROSSOVER G HEV 2.5L4WD(5人)の7年契約、ボーナス165,000円(年2回払い)の48,070円/月でした。


人気の高いCROSSOVER G"Advanced・Leather Package"HEV 2.5L 4WD(5人)では、7年契約、ボーナス165,000円(年2回払い)で60,280円/月となっています。


最も高い価格は、CROSSOVER RS"Advanced"HEV 2.4L+ターボ 4WD(5人)の3年契約、ボーナス払いなしの111,760円/月でした。

新型クラウンに月額48,070円で乗れるんだ

KINTO新型クラウン 基本性能・主要装備

公式HPに記載のある基本性能は以下の通りです。

乗車定員5人
排気量CROSSOVER RS“Advanced”:2.4Lターボハイブリッド車
その他グレード:2.5L ハイブリッド車
燃費性能
WLTCモード燃料消費率
(国土交通省審査値)
CROSSOVER RS“Advanced”:15.7km/L
その他グレード:22.4km/L
ボディサイズ
全長×全幅×全高(mm)
4,930×1,840×1,540
※ボディサイズ比較(セダン・SUV)
KINTO取り扱いグレードCROSSOVER RS“Advanced”/CROSSOVER G“Advanced・Leather Package”/
CROSSOVER G“Advanced”/CROSSOVER G
主な安全装備トヨタセーフティセンス(TSS)
プリクラッシュセーフティ(歩行者 [昼夜]・自転車運転者 [昼夜]・自動二輪車 [昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
レーントレーシングアシスト [LTA]
レーンディパーチャーアラート [LDA]
レーダークルーズコントロール
アダプティブハイビームシステム [AHS]
ロードサインアシスト [RSA]
ドライバー異常時対応システム
プロアクティブドライビングアシスト [PDA]
発進遅れ告知機能 [TMN]
パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)
ドライブレコーダー(前後方)
バックガイドモニター
各装備の詳細はこちら
出典:KINTO公式HP


ローン購入とKINTOで借りる場合の違い

ローンで購入した場合と、KINTO(サブスク)で借りた場合の違いは以下の通りです。

ローン購入とKINTOのサブスク
価格・費用内訳の比較

ローンで購入した場合は、車体価格に加え、自動車税、重量税、車検基本料金、オイル・タイヤ、任意保険、自賠責保険とローンの金利や頭金を支払う場合は、頭金がかかります。

一方で、KINTOの場合は、車体価格のみとなります。

KINTOは自動車税や車検、任意保険などは月額に含まれる形になります。

それぞれのメリット・デメリットについては記事の最後の方でも紹介していますので是非ご覧ください。

今回比較するのはトヨタのクラウンです。

クラウン画像1
クラウン画像2
クラウン画像3
出典:TOYOTA公式HP

トヨタのクラウンは、G、RSのグレードがあります。

GとZはハイブリッドが用意されています。

ハイブリッドも用意されてますね!

早速価格・費用の比較を観ていきましょう!

ローン購入とKINTOで5年使用した際の価格合計比較

KINTOサイトイメージ

今回は5年ローンでトヨタのクラウンを購入した場合と、KINTOで借りた場合で価格・費用を比較していきます。

グレードはG HEV 1.5L 2WD(5人)でローン購入の場合は、

【5年ローン払い】
頭金なしで年2回10万円のボーナス払い
頭金100万円ボーナス払いなし

の2パターンで算出しました。

KINTOは5年契約

で公式サイトのシミュレーションを基に算出しています。

結果は以下の通りです。

価格合計比較表

※ローンで購入はボディーカラーなどオプションがかかるもの追加していません。

  KINTO ローン
ボーナス払い
ローン
頭金あり
①車体価格 5,583,600円 6,383,763円 6,202,622円
②税金,保険,整備 0円 742,700円 742,700円
①+②合計 5,583,600円 7,126,463円 6,945,322円
想定売却額 0円 -2,160,000円 -2,160,000円
価格合計 5,583,600円 4,966,463円 4,785,322円
ローン購入とKINTOの
5年間の価格比較

上の表の通りで、

頭金なしのローンは合計4,966,463
頭金100万円は合計4,785,322
KINTOは合計5,583,600

でした。

意外にKINTOも安いですね

ローンは税金や保険などが別途かかる

ローンで購入した場合は、車体価格ローン金利に加えて「税金」「任意保険」「整備費」がかかります。

KINTOはすべてサービスに含まれているのでかかりません。

更にローン購入の場合は、5年後の売却できると過程し売却金額も考慮しています。

トヨタのクラウンはとても人気の車種になるため、売却価格を車体価格の40%で計算しています。

尚、車の維持には駐車場代とガソリン代も別途かかりますが、これらは地域や乗り方によって変動するのと、どちらも条件は同じになるため今回は費用に含んでおりません。

価格合計はKINTOより頭金ありのローンの方が安い

価格の合計的に一番お得なのは5年ローンで頭金100万円支払い、ついでKINTOという結果になりました。

頭金を用意するのが難しいからKINTOは人気があるんですかね?

そうですね。KINTOの人気が根強いのは、頭金やローンの審査が要らないからと月額が安くなるからみたいです。月額については次で説明します。

備考:税金,保険,整備費の算出方法

注:表にある「税金,保険,整備費」は以下に詳細がありますので参考にして下さい。

任意保険はイーデザイン損保のシミュレーションから算出。26歳以上ではじめて車を運転する人で算出しました。

参考:イーデザイン損保1クリック概算保険料見積もり

  1年 2年 3年 4年 5年 5年合計 月間平均
自動車税 39,500円 39,500円 39,500円 39,500円 39,500円 197,500円 7,900円
重量税 0円 0円 0円 0円 0円 0円 0円
車検基本料金 0円 0円 40,000円 0円 40,000円 80,000円 3,200円
オイルなど 15,000円 15,000円 15,000円 15,000円 15,000円 75,000円 3,000円
任意保険 70,000円 70,000円 70,000円 70,000円 70,000円 350,000円 14,000円
任意保険
自賠責保険 0円 0円 20,100円 0円 20,100円 40,200円 1,608円
年間費用 124,500円 124,500円 184,600円 124,500円 184,600円 742,700円 29,708円

ローン購入とKINTOで5年使用した際の月額費比較

先程は、5年後の売却できると過程し比較しました。

車の売却は実際にに5年後になります。

そのため売却を抜いて、実際に月にかかる支出もみていきましょう。

尚、ボーナス払いがありますがボーナスの金額は月の支出に含んでおりません。

実際にかかる月の支出は以下になります。

月額価格比較表

  KINTO ローン
ボーナス払い
ローン
頭金あり
車体価格 93,060円 100,600円 80,700円
自動車税 0円 7,900円 7,900円
重量税 0円 0円 0円
車検基本料金 0円 3,200円 3,200円
オイルなど 0円 3,000円 3,000円
任意保険 0円 14,000円 14,000円
自賠責保険 0円 1,608円 1,608円
月額合計費用 93,060円 130,308円 110,408円
ローン購入とKINTOの
5年間の月額比較

売却を考慮せず月額だけで比べたらKINTOはお得ですね

月額価格はローンよりもKINTOの方が安い

月の支出で見るとKINTOが93,060円と最も安い結果となりました。

KINTOの場合もボーナス払いはあります。5年契約で年2回11万円(税込)にすると月額は65,560円まで下がります。

KINTOクラウン費用
出典:KINTO公式HP

実際にこれに加えてガソリン代と駐車場代がかかると考えると、月額を節約出来るKINTOで借りるという選択肢もありなように思えます

KINTOで借りた場合のグレード別月額価格比較

KINTOでG HEV 1.5L 2WD(5人)とZ HEV 1.5L 2WD(5人)を借りた場合の月々の支払いは以下の通りです。

KINTOのボーナス払いは年2回となります。

  CROSSOVER G"Advanced・Leather Package" HEV 2.5L 4WD(5人) CROSSOVER G"Advanced" HEV 2.5L 4WD(5人)
ボーナスなし 93,060円/月 85,360円/月
ボーナス5万円✕2 83,930円/月 76,230円/月
ボーナス10万円✕2 74,690円/月 66,990円/月
ボーナス16.5万円✕2 65,560円/月 57,860円/月
KINTO公式HPより算出

ローン購入のグレード別月額価格比較

5年ローンでG HEV 1.5L 2WD(5人)とZ HEV 1.5L 2WD(5人)を購入した場合の月々の支払いは以下の通りです。

※下記の月額払いには売却想定額は含んでいません。

  CROSSOVER G"Advanced・Leather Package" HEV 2.5L 4WD(5人) CROSSOVER G"Advanced" HEV 2.5L 4WD(5人)
ボーナスなし 106,400円/月 100,500円/月
ボーナス5万円✕2 117,400円/月 110,400円/月
ボーナス10万円✕2 107,600円/月 100,600円/月
頭金100万円 94,900円/月 87,800円/月
KINTO公式HPより算出

KINTOに用意されているクラウンのグレード

KINTOで用意されているグレードは以下の通りです。

CROSSOVER G HEV 2.5L 4WD(5人)
CROSSOVER G"Advanced" HEV 2.5L 4WD(5人)
CROSSOVER G"Advanced・Leather Package" HEV 2.5L 4WD(5人)
CROSSOVER RS"Advanced" HEV 2.4L+ターボ 4WD(5人)



納車までの期間比較

KINTOローンで購入
納車までの期間1.5〜2ヶ月5〜6ヵ月以上
2022年11月現在

※参考:TOYOTA公式HP
生産遅延に基づく工場出荷時期目処の一覧

KINTO公式HP

ローン購入とKINTOで借りた場合のメリット・デメリット

メリット・デメリットの画像

ローンで購入した場合のメリット・デメリット比較表

メリット デメリット
購入後は自分の所有車となる
ローン支払い後、売却出来る
カスタムが自由にできる
ペットも同乗できる
走行距離を気にする必要がない
納車まで時間がかかる
頭金がかかる場合がほとんど
ローンの審査が通らない場合がある
ローン完済まで所有物にならない

KINTOで借りた場合のメリット・デメリット比較表

メリット デメリット
任意保険がかからない(年齢によっては得になる)
車検保険など面倒な手続きが不要
クレジットで払えるのでポイントが貯まる
納車が早い
頭金が不要
新車が乗れる
ローンに通らない人でも使える
途中解約できない
車が自分の所有物にならない
走行距離制限がある
ペットを載せられない
故障など精算時にお金がかかる

KINTOはWebで申し込みが完結出来る

新車購入する場合従来であれば複数のディーラーを訪問して話を聞き、値段交渉するなどするのが一般的でした。それに比べてKINTOはすべてWebで完結します。ディーラーへ行く移動時間や話を聞く時間などが不要になります。またKINTOにとっても人件費などコストを抑えることが出来るメリットがあります。

オプションなど詳しく聞きたい人はディーラーの方が良いかも。

納期は圧倒的にKINTOの方が早い

コロナの影響やウクライナ情勢による部品不足などで新車の納期はかなり長いです。

下手すると半年以上待つ可能性も十分にあるでしょう。現在では納車まで5ヶ月かかるという情報も出ています。

一方KINTOは公式HPにも記載があるように、
1.5〜2ヶ月で納車可能です!

KINTOでは車種や仕様が限定されてるため、WEB申し込みで納期短縮が実現出来ています。

新車って納車に時間がかかるんですよね

自動車保険込みのKINTOは若者にとってお得

総額は頭金ありのローンよりは割高になるものの、月額価格・費用を抑えられたり、初期費用がかからないなど、メリットが多いため人気なのもわかります。

自動車保険の割引とKINTOの違い
等級による保険料割引とKINTOの違い

ただし、自動車保険固定のため若くて初めて車を買うような方にはかなりお得です。

一方で、等級割が効く年配の方にとっては割高になってしまう可能性があるので注意が必要です。

年配になると自動車保険の割引率が高くなるので若者にとってはかなりお得。年配にとっては保険料分割高になる事もありそう。

KINTOの魅力は頭金が不要

KINTOの最大のメリットは、頭金なしで新車に乗れる事です。

新車をローンで購入する場合、ほとんどの場合で頭金が必要になります。

100万円の車なら20万~30万円、200万円の車なら40万~60万円程度といった形です。

KINTOは頭金が必要ない上に、ローンの審査もないためすぐに金銭を用意出来ない方などにとってはかなり便利なサービスです。

更に、車検や任意保険もサービスに含まれています。若い方は保険料が高いので特にお得です。

なぜ審査に落ちるのか?

最近では、借金をしていないのにローンで落ちてしまう方が多いようです。原因はスマホなど携帯料金の支払い遅延によるもののようです。携帯料金もローンに影響するので注意が必要です。

スマホ代ってローンに影響するんですね。

ローンは自由にカスタマイズ出来る

KINTOの場合は、車を借りているため自由にカスタムが出来ません。一方、ローンで購入する場合は自分の所有車になるため自由にカスタマイズ出来ます。自由にカスタマイズして乗りたい方にとってはローン購入を選択する事になります。

ローンで購入した場合は自分の所有車になる

一方、ローンで購入した場合は、ローン完済後は自分の所有車になります。

支払い後は車代をお金を払う必要もなければ、好きなタイミングで売ることも出来ます。

自分の車なのでペットを乗せたりカスタムしたり自由に使うことができるのもメリットです。

KINTOのデメリットは、車が自分の所有物にならない事、そして走行距離ペットNGなど使い方に制限がある事です。

KINTO NG事項
KINTOのNGに事項
出典:KINTO公式HP

サブスクの場合、KINTOが所有している車を借りているので、次の利用者が使えるよう気を使う必要がるのです。

家の賃貸と同じような感じです。傷や故障なども後で請求の対象となります。

TOYOTAの新型クラウンの評判・口コミ

Takuya
いやー、総じていい車でしたよ新型クラウン😂
新搭載の2.4ℓハイブリットターボも踏み続けた時のブーストの掛かり方が異次元✨✨
遮音性も高く21インチとは思えないほどに大人しく重厚感ある乗り心地にも感動!!
モデリスタの組み合わせもグッド😎👍

アラレ
皆さま、こんにちは😃
今日はトヨタのディーラーに来ています❣️
クラウンがめちゃくちゃカッコよくなっていておばちゃんビックリ仰天‼️
お値段ザックリですが5,300,000円❗️

ぬこ
新型クラウンかっこいいなぁ

Parabellum
これが新型クラウンですか、、急にセダンからSUVになっちゃって💦
オッサンの車=クラウンだったけど、ちょいワルオヤジ感満載だな。
面白そうでいいんじゃない!?

Oriba
スズメバチカラーの新型クラウンRSadが走って来た!🔥
フロントライトの存在感ヤバいですね👍
早くモデリスタ付いた自分のやつ撮りたい~!

新型クラウンのレビューについてはこちらもご覧ください。



KINTOの評判・口コミ

ヤダーッ🧊
任意保険1等級になっちゃったらトヨタのkintoいいかも
kintoならいくら事故っても保険料変わらないし等級関係ないしw

mizucyさん
ローン組むかKINTOかで悩みましたが保険料や金利など考えるとKINTOの方が良かったのでKINTOで契約!月々定額っていうのも家計立てやすいから購入より総額が多少高くなっても良いかなと思いました!20代が車持つならKINTOはありです。

そういさん
最近気になる #KINTO (キント)。トヨタがやってる車のサブスクリプションサービス。車を買うと必要になってくる税金&保険&メンテナンス&車検代まで含め月額料金で借りる事ができる。今まで車は一括支払いかローンの選択肢に加えて新しい選択肢。私も次に車を買い替えるときはKINTOも候補に入れたい

まとめ

いかがだったでしょうか?今回はトヨタのライズをローンとKINTOで比較しました。それぞれメリット・デメリットがあります。個人的には頭金があるかないかや、利用する年数がサービスを選ぶポイントになるのではと感じました。最後にまとめです。

ポイント

  • 価格総額は5年ローン頭金100万の方がKINTOより安い
  • 月額費用はKINTOが最も安い
  • 保険等級の高い年配の方はKINTOだと割高になることもある
  • 納車はKINTOが最も早く1.5〜2ヶ月
  • KINTOだと走行距離制限がある(月1500kmほど)

この記事を書いているライターの情報

ライター:SUBRO
普段はライターとして執筆活動しています。ファッションや生活情報などを主に書いています。KINTOでアクアを利用中。以前はローンでEKワゴンを所有していたが、その後、カレコになり現在はKINTOを利用中。車好き。サブスクサービスにハマっている。YouTubeやNetflix、ジム、焼肉、冷凍食品、出前、家事代行など50種類以上の様々なサブスクサービスを体験。カーシェア歴は4年。


-自動車
-